※定休日closed on 水・木 /企画展期間外は休みの場合があります。
Appointmetnt アポイントメント galleria_ponte@nifty.com



小島有香子 Solo Exhibition
2022.9.17.-10.10. 11:00~18:00 定休:水木、10/8







水代達史 Solo Exhibition 
2022.8.20.-9.11.
11:00∼18:00 closed on wed.thu









沖田愛有美 「結露する森」
2022.7.23.sat.-8.8.mon
11:00~18:00 closed on 水wed
   
現在、金沢美術工芸大学大学院 後期博士課程に在学中の沖田愛有美の個展を開催いたします。沖田は油画専攻ながら絵画のメディウムとして漆に魅せらせ、中国清華大学への留学を経て、修士課程では工芸専攻へ移り、現在再び工芸ではなく、絵画として漆と対峙しています。一筋縄ではいかぬ素材は思いもしない表情の移り変わり表し、心象の中にある森と自身を重層的に表現することに新しい可能性を感じさせます。意欲的な新作を展示いたします。ぜひご高覧いただければ幸いです。
statement
漆は絵を描くことに特化したメディウムではない。温度や湿度の影響を受ける乾燥時の反応が複雑であるため操作が難しく皮膚にはかぶれを生じさせる。だが反応の度に、厄介な素材の表情を読むようん接していると、私は道具であったはずの漆に対して人格さえ感じるようになった。漆を扱うことは人間と非人間、生命と物質、それらの境界を曖昧にした。幼い頃の私は、藪を分け入り森の中を歩いて回るのが好きだった。植物、昆虫、土の湿り気、辺りを反響する音、獣の足跡の恐怖、いくつもの気配が交錯する。この感覚が頭を離れずにいる。どこからともなく水滴が生じ、交わり、また消えるように、一日森は蠢き続けている。私は材料の手を借りて、もう一度あの場所について考えてみたい。
略歴
1994 岡山県生まれ

2016 清華大学美術学(中国・北京)に短期交換留学生として派遣

2018 金沢美術工芸大学 美術工芸科 油画専攻 卒業 、 金沢美術工芸大学大学院 美術工芸研究科 工芸専攻入学 (漆・木工コース)、公益財団法人クマ財団第2期生採択
2020 金沢美術工芸大学大学院 修士課程 美術工芸研究科 工芸専攻 修了
 、同学 博士後期課程 美術工芸専攻 美術研究領域 在学中






片目を閉じた時の視界のずれと瞬き程度の時間の差 / 小木曾瑞枝                                The difference of vision when one eye is closed and the time difference of about a blink. Mizue OGISO                202242日(土)~424日(日) closed on 水・木 11001800









Reflections on Portraits
Yoshio KAMITANI
2022.3.1.-3.13.
closed on 3/9wed.
肖像画考 神谷佳男 作品展





竹村友里 展 Yuri Takemura Solo Exhibition
2022.2.11.-2.27.








移転リニューアルオープン展「STRAIT-海をわたる- 山本基 Motoi Yamamoto」
2022年1月11日~15日 公開制作
1月16日~1月30日 会期




橋を渡って河を越えて。
犀川大橋の野町で13年、2022年1月より里見町へ移転リニューアルオープンいたします。
場所は「里見町APARTMENT」21世紀美術館にも近く、そばには鞍月用水にあかねや橋。人と美術の架け橋として再始動。
オープニング企画は山本基氏による展覧会(2022.1/16-1/30)を開催します。詳細追って告知させていただきます!
新たなスペースで皆様とお会いできることを楽しみにしております。




森 環 Tamaki Mori Exhibition
2021.10.18.mon.‐10.31.sun.11:00~18:00 水曜定休

「アップルサイダー」160×250mm 2021年 シャープペンシル・パステル・色鉛筆


上原勇希作品展 叙事詩の機能
8月31日Tue.~9月5日sun. 12:00~18:00 会期中無休
「セヂの信仰」 キャンバス油彩 1620×1303mm 2020

 現在、金沢美術工芸大学 油画博士課程に在籍する上原勇希の研究発表展を開催します。
Artist statement 変動する社会情勢に危機を感じ、自身のルーツである沖縄の歴史〈戦争・基地〉をテーマに問題解決の提言としての絵画の在り方を模索しています。現代と共通点の多い時代背景をもつルネサンス絵画の理念を再考し、レオナルド・ダ・ヴィンチの遠近法、黄金比を用いた構図理論を分析した上で制作において応用しています。 沖縄、日本、アメリカ、ベルギーと旅をする中で民族のアイデンティティーとしての叙事詩に着目するようになりました。民族独自の生の表現が叙事詩であり、人々の欲求と能力を表します。それは歴史全体に代わるものであり、また啓示の相当な部分に代わるものでもあります。
 古来、混迷の時代において人々は叙事詩に希望を託してきました。本展示では民族と絵画芸術の再生を目指した叙事詩的絵画における方法論について、作品制作・絵画理論の両面から提案します。 また、西洋絵画と沖縄を繋ぐ手がかりとして沖縄県出身の脚本家 金城哲夫に注目した最新作の経過も合わせて展示いたします。(上原勇希)





三輪洸旗 展 チューリップの見た夢
2021.6.29.tue-7.13.tue


 




三輪途道 展 泥団子少女2 Michiyo Miwa exhibition
2021.6.12.sat.-6.27.sun.








釣谷幸輝 版画展 Koki Tsuritani Print Exhibition
2021.4.17.sat.-5.9.sun.

 
Children's Dream 400×400㎜ メゾチント、雁皮刷り

New! Online Store 釣谷幸輝 展 作品がオンラインショップでご購入頂けます。


【同時スタート 黒部市美術館 企画展】
ケルプ博士の奇妙なコレクション- 釣谷幸輝 版画展-

Dr. Kelps Curious Collections Kouki Tsuritani Print Exhibition
2021.4.17.Sat – 6.20.Sun
会場:黒部市美術館 
富山県黒部市堀切1035
開館時間 午前930分~午後430分(入館は午後4時まで)
休館日 月曜日(但し53日は開館)56日・7
観覧料 一般500(400)、高校・大学生400(300) 中学生以下無料





    2020年12月18日~20日
galleriaPONTE
小木曾瑞枝、コイズミアヤ、山本基
 
     
 2020.11.18.-12.18
First View 2020.11.13.fri.-11.18.fri
 
 

 EXHIBITION

 小田橋昌代 Masayo Odahashi 

 2020.11.13.fri.-11.29.sun.
 Copyright © Galleria Ponte All Rights Reserved.  1-1-44 Nomachi Kazawa-ctiy ,Ishikawa
921-8031 Japan
 tel +81-76-244-6229 galleria_ponte@nifty.com