※定休日closed on 水・木 /企画展期間外は休みの場合があります。
Appointmetnt アポイントメント galleria_ponte@nifty.com


橋を渡って河を越えて。
犀川大橋の野町で13年、2022年1月より里見町へ移転リニューアルオープンいたします。
場所は「里見町APARTMENT」21世紀美術館にも近く、そばには鞍月用水にあかねや橋。人と美術の架け橋として再始動。
オープニング企画は山本基氏による展覧会(2022.1/16-1/30)を開催します。詳細追って告知させていただきます!
新たなスペースで皆様とお会いできることを楽しみにしております。




森 環 Tamaki Mori Exhibition
2021.10.18.mon.‐10.31.sun.11:00~18:00 水曜定休

「アップルサイダー」160×250mm 2021年 シャープペンシル・パステル・色鉛筆


上原勇希作品展 叙事詩の機能
8月31日Tue.~9月5日sun. 12:00~18:00 会期中無休
「セヂの信仰」 キャンバス油彩 1620×1303mm 2020

 現在、金沢美術工芸大学 油画博士課程に在籍する上原勇希の研究発表展を開催します。
Artist statement 変動する社会情勢に危機を感じ、自身のルーツである沖縄の歴史〈戦争・基地〉をテーマに問題解決の提言としての絵画の在り方を模索しています。現代と共通点の多い時代背景をもつルネサンス絵画の理念を再考し、レオナルド・ダ・ヴィンチの遠近法、黄金比を用いた構図理論を分析した上で制作において応用しています。 沖縄、日本、アメリカ、ベルギーと旅をする中で民族のアイデンティティーとしての叙事詩に着目するようになりました。民族独自の生の表現が叙事詩であり、人々の欲求と能力を表します。それは歴史全体に代わるものであり、また啓示の相当な部分に代わるものでもあります。
 古来、混迷の時代において人々は叙事詩に希望を託してきました。本展示では民族と絵画芸術の再生を目指した叙事詩的絵画における方法論について、作品制作・絵画理論の両面から提案します。 また、西洋絵画と沖縄を繋ぐ手がかりとして沖縄県出身の脚本家 金城哲夫に注目した最新作の経過も合わせて展示いたします。(上原勇希)





三輪洸旗 展 チューリップの見た夢
2021.6.29.tue-7.13.tue


 




三輪途道 展 泥団子少女2 Michiyo Miwa exhibition
2021.6.12.sat.-6.27.sun.








釣谷幸輝 版画展 Koki Tsuritani Print Exhibition
2021.4.17.sat.-5.9.sun.

 
Children's Dream 400×400㎜ メゾチント、雁皮刷り

New! Online Store 釣谷幸輝 展 作品がオンラインショップでご購入頂けます。


【同時スタート 黒部市美術館 企画展】
ケルプ博士の奇妙なコレクション- 釣谷幸輝 版画展-

Dr. Kelps Curious Collections Kouki Tsuritani Print Exhibition
2021.4.17.Sat – 6.20.Sun
会場:黒部市美術館 
富山県黒部市堀切1035
開館時間 午前930分~午後430分(入館は午後4時まで)
休館日 月曜日(但し53日は開館)56日・7
観覧料 一般500(400)、高校・大学生400(300) 中学生以下無料





    2020年12月18日~20日
galleriaPONTE
小木曾瑞枝、コイズミアヤ、山本基
 
     
 2020.11.18.-12.18
First View 2020.11.13.fri.-11.18.fri
 
 

 EXHIBITION

 小田橋昌代 Masayo Odahashi 

 2020.11.13.fri.-11.29.sun.
 Copyright © Galleria Ponte All Rights Reserved.  1-1-44 Nomachi Kazawa-ctiy ,Ishikawa
921-8031 Japan
 tel +81-76-244-6229 galleria_ponte@nifty.com